FC2ブログ

Infinity

日々の雑感をそのつど綴っていこうと思います。

居合道初段となる

12月27日(木)は3クール目(10月~12月)に入った京都新聞文化センターの居合道教室の最終日となった。

約1月半ほど前,先生から「12月27日の最終日には昇段審査をやります」と宣言された。

“エッ!もうそんなレベルに達したのか?”と不思議な気持ちに襲われつつも,小生を含む3名の受講メンバーはその日の備えて週2回の道場の練習に熱がこもる。いつものように先生の木目細かいご指導もあり,もう後には引けないという緊張感が全員に漲る。。。

さて,当日を迎えた。約小1時間ばかりいつもの稽古を行ない,しばし休憩してから昇段審査が始まる。

昇段審査の要領は次の通り。

・正面に向かって座礼・刀礼を行ない審査員の号令に従い申請段位の演武を行なう。

・初段:戸山流本居合 前・右・左・直前の4本+基礎居合・本居合の中から2本の計6本の演武。

・弐段:無双直伝英信流 正面・後身・八重垣・請流・附込・抜打の6本+戸山流・英信流のうちから4本の計10本の演武。

小生とⅠ氏は初段を申請,S氏は初段と2段を申請。

演武の順番はジャンケンで決め,小生,Ⅰ氏,S氏の順番となる。

「はじめ!」という号令の下,演武を開始。先生の日頃の注意事項が頭をかすめたが,駄目元の気持ちで演武を遂行。あっという間に終わった感じ。

メンバー全員の演武が無事終了し,その審査結果は。。。晴れてめでたく全員合格!!

「このメンバーは全員稽古熱心で優秀です」と先生からのお言葉。

終了後,忘年会と祝賀会をかねてふぐ料理専門店「玄品ふぐ」で酒宴。酒盛りが始まる前に段位授与書が先生から各メンバーに手渡された。

初段の段位に恥じないよう一層の研鑽を積まなくてはと猛省しつつ河豚のひれ酒が体に沁み渡る。

初段認定書

[ 2018/12/28 18:02 ] 日常雑感 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

KENZOU

Author:KENZOU
こんにちは,KENZOUです。日常の思いついたことやいろいろなことを写真と共に綴っていこうと思います。また、理系に興味のある方は「楽しい物理ノート」を公開していますので、そちらの方も覗いてみてください。

FC2カウンター
カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -