FC2ブログ

Infinity

日々の雑感をそのつど綴っていこうと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

戸山流森永派本居合

7月から9月にかけての2クール目の居合講座も熱暑の最中ではあるが全メンバーいつものように熱心に取り組み,先生の適切なご指導と相俟って順調に推移している。講座のない第1,第3木曜日は先生のご厚意により道場で2時間ばかりご指導を受ける。

さて,先般のテキストとDVDは先生の認可が得られ,メンバー全員に配布することができた。効果が上がることを期待するのみ。

なお,演武ビデオは先生も気合を入れなおされたのか,場所を平安神宮北西の「武徳殿」に変えて,それらしい雰囲気の中で再度撮りましょうということになる。8月下旬ころに撮影予定で,当方も気合が入る。

現在,戸山流森永派の本居合8本を練習中。なかなか型を覚えられず苦戦の最中。

同じ戸山流の中にも山口派という流派があり,いまはこの型を体現している人は少ないらしいが,森永派と山口派の演武を見せていただいた。

               『2つの違いが分かりますか。。。?』

エッ!?と,ただただポカ~ンと目が宙に浮く。。。

    『違いが分かるようになれば,それだけ型が身についてきたということですね。一段と励んでください。』

と激励を受ける。


先生からご指導をいただいている戸山流本居合8本の注意点を自分なりに理解した範囲でメモっておく。これらが意識しないでできるようになることが最初の関門。 初関なかなか透り難し。。。

・1本目(前の敵):前傾姿勢になってはダメ

 真っ向から斬り下すとき,臍が突きだすような気持ちで刀を斬り下し,左足裏を浮かせないこと。
               
・2本目(右の敵):相手が斬り付けてくる隙を与えない。腰のひねりで勢いよく斬る。

 右足の前に左足を置いて抜き放つ刀の鞘頭は必ず相手に向っていること。   
 刀を抜き放ち相手の胸を斬り付けたとき,体は敵と正対していること。  

・3本目(左の敵):勢いよく刀を抜きつけ,真っ直ぐ相手の胸元を突くこと。

 左の敵に向かって刀を抜いたとき,鯉口は相手に向かっていること。
 刀の棟を体に当て一重身(左右の肩がの並びが相手に垂直)の状態から真っ直ぐ切先を相手の胸元に向かわせること。

・4本目(後ろの敵):右手の刀の柄の握りを正しく,鍔に押し当てないこと。腰の捻(ひね)りを効かす。

 刀の柄の握りが悪いと反転して右袈裟に斬り付けるとき勢いが出ない。
 腰の捻りをきかして右袈裟に斬る。

・5本目(直前の敵):前傾姿勢にならないこと。

 抜き放つと同時に両手を添えて大上段から真っ向から斬り下す(片手斬りではない)。
 腰を使って相手の鳩尾あたりを突く。

・6本目(後・前の敵):後方に回転直後,敵の斬り込みを刀で受け流す。反転後前の敵を即座に斬る。
 
 左足を軸に体を左回転しつつ刀を抜き上げるが,抜き放たないこと。
 回転後,体は後ろの敵と正対(真正面に向き合う)し(回り過ぎも不足もダメ),抜き放たれた刀で相手
 の刀を受け流す。

・7本目(右・左の敵):敵に正対すること。

 右の敵に正対し右足をだして直ちに片手袈裟で斬り付けること。

・8本目(突破):肩を回す。
 
 (・・・ これは肩凝りによく効きますよと先生)

[ 2018/08/15 19:19 ] 日常雑感 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

KENZOU

Author:KENZOU
こんにちは,KENZOUです。日常の思いついたことやいろいろなことを写真と共に綴っていこうと思います。また、理系に興味のある方は「楽しい物理ノート」を公開していますので、そちらの方も覗いてみてください。

FC2カウンター
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。