Infinity

日々の雑感をそのつど綴っていこうと思います。

カセットテープからCDへ焼き付け

ムカシ、音楽はレコードプレーヤーかカセットテープで聞いたものだが、CDプレーヤーの登場で事態は一変し、カセットテープは廃棄されるか部屋の片隅に捨て置かれることになった。かく言う小生もご同様である。

ところが、あるきっかけでカセットテープからCDへ録音してみようという気になった。

以前から気にはかけていたのだが、さてどうすればいいのか? ネットでいろいろ調べることに。

♩超録という素晴らしいフリーソフトがあり、これを使えば簡単楽ちんだが、フリー版では8トラックまでという制限があるので、それ以上の曲を取り込むには少し面倒な作業が必要になる。。。

そこで、いろいろ調べてみると、次のような手順でうまくいくことが分かった。

このようなことをやろうとしている方のために、一つの参考例として手順の概略を以下に書いておきます。

使うソフトは次の4つ。クリックして該当ソフトをダウンロード(無料)。各ソフトの使い方はヘルプを参照ください。慣れれば簡単です。

SoundEngineFree:録音用
MP3DirectCut:曲の分割保存
Mp3tag:曲名やアーチスト名などTAG情報の書き込み
●Windows Media Player (Windowsに標準装備):CDへの焼き付け


■方法

1)カセットテープからPCに音楽を取り込むために、カセットデッキのイヤホン端子部とPCの
  Line入力端子(緑色)をステレオミニプラグケーブルでつなぐ。
 
2)いよいよ録音開始。SoundEngineFreeの「録音ボタン」をクリックし、カセットテープをPlay。
  全曲終わるまで放っておく。

  全曲終了すると「録音停止」、カセットデッキをSTOP。SoundEnginFreeの画面には取り
  込んだ楽曲の波形がでる。ファイルをMP3の拡張子で保存。

  カセットテープから取り込んだ音楽は曲と曲の間に無音部があり、曲-無音部-曲・・・
  という具合に全曲が数珠つなぎされた一つの曲の状態になっている。

3)数珠つなぎされた曲から1つづつの曲を切り取りするのにMP3DirectCutを使う。
  「特殊」→「無音区間の検出」(設定はDefaultのままでOK)で無音部が自動的にカットされる。
   「ファイル」→「分割保存」をクリック。カットされた各ファイルは番号付きでフォルダーに保存さ
  れる。

4)次に、Mp3tagを立ち上げ、「ファイル」→「ディレクトリの変更」で保存フォルダーを選択クリック。
  するとファイル一覧が出てくるので、各曲のTAG情報を書き込み、そのあと閉じる。

5)最後に、Media Playerで各曲ファイルをCDに焼き付ける。

以上で完成です。

かなり端折った説明となりましたが(^^);わからない点などはネットで調べられると詳しい説明が載っている
と思います。興味のある方は一度TRYしてみてはいかがでしょうか。

SounEngineFreeで録音した曲の波形↓
WS000024.jpg
[ 2016/04/23 16:20 ] 日常雑感 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

KENZOU

Author:KENZOU
こんにちは,KENZOUです。日常の思いついたことやいろいろなことを写真と共に綴っていこうと思います。また、理系に興味のある方は「楽しい物理ノート」を公開していますので、そちらの方も覗いてみてください。

FC2カウンター
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -