Infinity

日々の雑感をそのつど綴っていこうと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

STAP細胞

 STAP細胞論文の真偽をめぐりマスコミをはじめ論文の共同執筆者、理研幹部のお偉方等々の豹変する姿勢にはいまさらながら唖然とする。

 マスコミは言うに及ばず、理研はSTAP細胞が発見された当初、IPS細胞より優れている等々とその成果を大いに賞賛していたはずだが、いろいろ不具合が指摘されてくると手のひらを返したように

      「未熟な研究者がデータをずさん、無責任に扱った。徹底的に教育し直さないといけない」

という豹変ぶり。マスコミ攻撃をかわそうとする組織の保身が鼻についてしょうがない。データの取り扱いは不注意な点が多々あったかも知れないが、最先端の研究というものは手探りで進むもので、未熟もへったくれもないと思うが。。。優秀な若手研究者を擁護しようとする姿勢がまったく感じられないことが情けない。

 ラジオで人気があるらしい関西弁がうまい某外人コメンテーターが「ノーベル賞学者の野依理事長に頭を下げさせるようなことはよくないですね」とコメントをしていたが、ノーベル賞がそんなに偉いのか、訳のわからんコメントするな!と少々ムッとした。

 論文共同執筆者の山梨大・若山教授の「信じてやってきたので悲しい」と論文撤回をマスコミに公表したのもいかがなものか。共同執筆者としての責任はどのように感じておられるのか。むしろこの姿勢こそ“未熟”とはいえないだろうか。このような疑念は研究チーム内で十分話し合ってチームとしての方針を明確にしてから言うべきことだと思うが。

 小保方さん一人が槍玉に挙げられているようで、これもある意味「リケジョ」に対する世間の見方を表しているのかも知れない。サイエンスというものは過誤や失敗の連続の上に出来上がっているもので、妙な道義感で問題を紛糾させることこそが問題だと思うが。

 以上、少し溜まっていた憤懣をぶち上げたのでちょっと気分がスッキリした(^^)。
[ 2014/03/16 11:26 ] 日常雑感 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

KENZOU

Author:KENZOU
こんにちは,KENZOUです。日常の思いついたことやいろいろなことを写真と共に綴っていこうと思います。また、理系に興味のある方は「楽しい物理ノート」を公開していますので、そちらの方も覗いてみてください。

FC2カウンター
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。