Infinity

日々の雑感をそのつど綴っていこうと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

再びコスモス

先日のBlogで

   『コスモスの花は、たくさんの花が集まってできた「頭状花序」と呼ばれるものだった。』

ということで,そんな花があるんだとビックリしたことを書いたが,「頭状花序」(略して「頭花」とも言われる)は別にコスモスの専売特許ではなく,キク科のキクやタンポポ,ヒマワリ,ダリアなどに見られるとのこと。

 いずれにしても生命の世界というのは人間が想像し得る以上のいろいろなバリエーションがあるものだとつくづく感じる。

  『この花は筒状花といって、ちゃんと花びらや雌しべ・雄しべ持っており、受粉できるようになっている。』

とのことだが,本当にそうか自分の目で確認したくなったので再び激写を試みた。


(1)

真ん中の芯(筒状花の集まり)をよく眺めると写真右側に小さな花びらが発育しているのが分かる。う~ん,これは筒状花の花が生育してきたものかなと思いつつ,さらに激写を試みる。。。

IMG_131017コスモス_1


(2)

花粉の粒がいっぱい付いている雄しべのようなものが見える。しかし,筒状花の花びらはまだ判然としない。。。

IMG_131017コスモス_3


(3)

そこでアングルを変えて迫ってみた。

  Oh!!・・・可愛い小さな花びらが見えるではないか!・・・(しばし感激の時間が流れる)。 

赤ちゃんのように小さく可憐な花びらの真ん中にはちゃんと雄しべが付いている。雌しべは雄しべの囲いの中に引っ込んでいるらしい。

なるほど筒状花はちゃんと受粉できる,目で判別が難しいくらい小さいが立派な花であるということが確認できた。

IMG_131017コスモスの花

[ 2013/10/17 20:41 ] 日常雑感 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

KENZOU

Author:KENZOU
こんにちは,KENZOUです。日常の思いついたことやいろいろなことを写真と共に綴っていこうと思います。また、理系に興味のある方は「楽しい物理ノート」を公開していますので、そちらの方も覗いてみてください。

FC2カウンター
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。