Infinity

日々の雑感をそのつど綴っていこうと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

禅の悟り

 “禅”の悟りとはどんなものだろう。通俗書を見れば「呵呵大笑し,何物にも動じない不動心が手に入る」というようなことが書かれてある。執着を解き放つのが宗教の本来だが,不動心を手に入れたいという執着に凝り固まるのは本末転倒だが。。。

『一輪挿しから紅の山茶花の花がこぼれていた。捨てようとして数片を掌にのせた。見れば見るほど,その色は鮮やかに,しかも厚みを増して宝石のごとく光り輝いて見える。(中略)庭を見ると樹々が燦然と光って見える。目をあげると,屋根も空もすべてが異様に光り輝いて見える。更にそれらの奥に,すばらしい何物かが見える。』

『家内や娘も私の目下としての家内や娘ではなくて,強い光を放つ尊い存在として見えるではないか。それは神とも仏ともいうべき尊い存在であった。あなたはよう私の妻になって下さった。娘たちよ,よく私の所へ生まれてきて下った。山川草木すべてが絶対者の一部として感ぜられると共に,その奥に絶対者それ自体が観取されるではないか。実に不思議な体験だ。第三の眼が開いたのだ。直心の開眼だ。』

少し長い引用になったが,これは中西政次(著)「弓と禅」という本に載っている十一月二十四日の日記の一部。
姫路市中学校長を勤める傍ら縁があって五十三歳より弓道に入られ,苦修練行を重ね十年を経ずして弓道の道奥に達せられた体験記録であると故・山田無文老師が本の序に記されている。

ところで,最近少し古い本になるがバーバラ・ハリスの「臨死体験」というのを読んだ。読んだあと思ったことは臨死体験者は“直心の開眼”と同じようなことを経験されているんだなぁということだった。

 禅には「大死一番,絶後に蘇る」という言葉があるが,臨死体験はある意味その言葉に通じているものなのか。。。

IMG_130111山茶花
我が家の山茶花。ジッと花びらを見ていたがとくに何の変化も起こらず,あぁ無念!?

(P.S)
“難しいことが書いてあるけど、なにが言いたいのかよう分からへんなぁ”とBlogを見た家人のご託宣。ああ無情...!?
[ 2013/01/27 11:26 ] 日常雑感 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

KENZOU

Author:KENZOU
こんにちは,KENZOUです。日常の思いついたことやいろいろなことを写真と共に綴っていこうと思います。また、理系に興味のある方は「楽しい物理ノート」を公開していますので、そちらの方も覗いてみてください。

FC2カウンター
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。