Infinity

日々の雑感をそのつど綴っていこうと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

雪やコンコン

用事があって外を歩いていると、向こうから灯油売りのトラックが冬に相応しい童謡『雪』を大きな音で流しながらこちらに向かってきた。

   雪やこんこん 霰(あられ)やこんこん
   降つては降つては ずんずん積(つも)る
   山も野原も 綿帽子(わたぼうし)かぶり
   枯木(かれき)残らず 花が咲く

聞くともなしに聞いていたが、ハッ!?と 『雪がこんこん降る』とはどういう情景かなぁ~と思った。

 『雪はしんしんと降る』という言い方がよくされるが、コンコンと降る(コの発音が強調される)となれば、綿のような雪が空中で炸裂し舞い散っているようなイメージが浮かぶ。

 子供たちが空から降ってくる雪を楽しみ、舞い散る雪と一緒に元気よく飛び跳ねて遊んでいるという情景を活写した歌が童謡『雪』なのか。。。と一人合点しながら先を急いだ。

 帰宅後、件の童謡をネットで調べると『雪やこんこん』ではなく『雪やこんこ』が正統で、“こんこ”とは「来む来む」、“降れ降れ”いう意味らしい。したがって、『雪やこんこ』は雪よもっと降れ降れということになる。

 まぁもっともらしい内容だが、少し面白みが欠ける。やはり雪の炸裂する音が“コ~ン・コ~ン”だと解釈したほうが楽しい気分になるなぁ~。


IMG_岡本太郎
(岡本太郎のアトリエにて)
[ 2013/01/06 18:49 ] 日常雑感 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

KENZOU

Author:KENZOU
こんにちは,KENZOUです。日常の思いついたことやいろいろなことを写真と共に綴っていこうと思います。また、理系に興味のある方は「楽しい物理ノート」を公開していますので、そちらの方も覗いてみてください。

FC2カウンター
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。