FC2ブログ

Infinity

日々の雑感をそのつど綴っていこうと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

居合を学びに(4)

早いもので居合の講習会先週の木曜日で第4回目となった。いよいよ居合らしい型の練習をしますということで,最初に先生が「前」の敵,「後ろ」の敵,「袈裟切り」,「血振り」などの基本演武をされる。こういう型を早く覚えて初段をとってください,と激励の言葉をかけられるが,小生はもとより全員ポカ~ンと頷くばかり。。。

さて,ということで本日はいよいよ立ち居合の練習。

  逆袈裟に切り上げ,さらに返す刀で真っ向から切りおろし,血振りをして納刀

というプロセスだが,あまり明確ではない記憶を頼りにポイントを記しておくと次のようになるだろうか。

・鯉口を切り,刀を抜きながら左手で鞘を返すとともに柄にかけた右手で刀を返していく(刃が下方を向く)。
逆袈裟
・刀を返し終わったところで強く鞘引きをすると同時に刀を袈裟に抜きあげる。このとき,身体を前傾させないように胸を張り,切り上げている途中で刀を返さない。また,抜きあげた刀の切っ先が後ろに向いていないように注意。

・右こぶしを返して刀を正中線にまで持ってくると同時に左手を添えて真っ向に切り下ろす。

・左掌を鞘に当てると同時に血振りを行なう。

年と共に記憶力が衰退していくのは仕方がない。まぁ,焦らずにボチボチと行くことにしよう。

帰路,先生と近場の喫茶店に入り,冷コーを飲みながらしばし歓談。5月31日から10日間,ニューヨーク在住の門弟の招聘で演武指導に行かれるとのこと。
スポンサーサイト
[ 2018/05/27 15:24 ] 日常雑感 | TB(0) | CM(0)

居合を学びに(3)

 昨日は夕刻から先生の道場で居合の基本を教わった。

先週の木曜日は第3回目の講習会で,真っ向切り,諸手突き,右・左袈裟切りの反復練習を行ったが,全員を見渡して,穏やかに先生曰く 

      『私の型をよく見て早く覚えてください。次に進んでいかなければなりませんので。』 

               う~ん,そういわれても 。。。 

といった顔つきで全員練習に励む。 小生の真っ向切りを見られて,物静かに先生曰く

  『それでは人を切れませんよ。刀は引いて切ります。打ち込んだ後,柄頭が臍(へそ)の位置まで来るようにします。』

ナルホド...と理屈はスッと頭に入るが,悲しいかな初心者の関門,なかなか身体がいうことを聞いてくれない(^^;)。

自宅で真っ向切りの素振りをしていると刀を振り下ろした瞬間,刀がほぼ水平に止まるように瞬発的に力を入れるが,それを繰り返していると右腕の三角筋が痛みだした。これは余計な力が入っているからで,それではいかん。ということで,振り下ろした瞬間に体を反らすようにしてみた。そうすると三角筋の痛みはなくなり,腰回りの広背筋にやや凝りを感じるようになった。

                   アッ,是か ...

と一瞬腑に落ちたような。先生があるとき 『背筋の力を使いますね』 といわれたことが身体を通してわかったような。。。

 そして迎えた昨日の道場での練習。もう一人の講習会仲間T氏が来られていた。気さくな方で,白髭を豊かに蓄えられた頑健そうな体つき。先生ご指導の下でたっぷりと1時間半,基礎居合の型の練習に精をだす。練習が一段落した頃,高弟の方が練習に来られ,先生の模範演武に続いて型の練習をされ,二十数型もあったろうか道場の片隅で30分ほど見学させていただく。

 帰路の電車の中で,T氏と「やったからには段をとるまで頑張らんとあかんなぁ」 「3年で三段はとらんとあかんなぁ~」 「それにしてもあの方は高段者やろなぁ~,ようあんだけ型を覚えたはるなぁ~」 「しかし奥が深いわ」等々,興奮が冷めやらぬまま感想を飛ばしあう。

日本刀

[ 2018/05/18 11:54 ] 日常雑感 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

KENZOU

Author:KENZOU
こんにちは,KENZOUです。日常の思いついたことやいろいろなことを写真と共に綴っていこうと思います。また、理系に興味のある方は「楽しい物理ノート」を公開していますので、そちらの方も覗いてみてください。

FC2カウンター
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。