Infinity

日々の雑感をそのつど綴っていこうと思います。

蝋梅

 去年のいまごろ,ある神社へ参拝にいった折に買った蝋梅の若木に黄色い蝋梅の花が咲き始めた。

蝋細工でつくったような半透明の少し厚手の花びら。香りはまだそれほどではないが,蕾がどんどん開き始めると独特のいい香りを放ってくれるはず。その香りをかぐとけっこうホッコリするので楽しみだ。

 蝋梅という名前から「梅」の仲間かと思っていたら違うらしい。ロウバイ科ロウバイ属の落葉低木とのこと。梅が咲くころに咲くので梅の一字が付いたのかもしれない。

 ロウバイという発音から「老梅」?と思われがちだが,花びらを見れば蝋梅という漢字に納得させられる。

IMG_6679.jpg
[ 2018/01/21 11:27 ] 日常雑感 | TB(0) | CM(0)

焼け石に水だからこそ

 『 しかし,課題が尽きることがないからといって,一生懸命やってもしようがない,やってもやらなくても同じではないかと考えてはなりません。それでは後ろ向きになってしまいます。焼け石に水のように思えるかもしれませんが,焼け石に水だからこそ,毎日孜々(しし)として水を打ち続けるのです。これでよしとしたところが後退の第一歩です。向上の一路に休息があっても終息はありません。常に前を目指して進んでいくことです。』

これは対本(つしもと)宗訓(著)「坐禅<いま・ここ・自分>を生きる」からの引用。

     ”焼け石に水だからこそ,毎日孜々(しし)として水を打ち続けるのです”

というフレーズに目からウロコがひらひらと。。。

(※)孜々として:熱心に務め励むさま

 著者の対本宗訓老師は臨済宗天龍寺の前管長平田精耕老師の法嗣で,禅僧でありかつ現在は内科医・僧医として活動中。

さらに続けて読み進めると

『明けぬ夜はありませんし,出口のないトンネルもありません。ただ辛いのは,真っ暗なトンネルの中で,どちらの方向に進んでいけばよいかわからない。あとどのくらい頑張れば出口にでられるのかも皆目わからない。そういう時が一番苦しいのです。しかし,抜け出た後になってわかることは,その暗闇の真っ只中で喘いでいた時こそ,最も力がついていたということです。どんな苦しみにも必ず意味があります。試練の持つメッセージが理解できた時,私たちはすでにその試練を乗り越えているのです。(略) どんな人生の嵐の日にも,吹きすさぶ黒雲の上には必ず太陽が燦々と輝いていることを忘れずに,お互い精進してまいりましょう。』。

禅の厳しい修行を大事了畢(たいじりょうひつ)された方だからこその説得力がありますね。 

P.S. もっとも師匠から印可証明をもらった途端に精進の手を抜く方もおられるようなので,お言葉を拝聴するほうも目利き(?)が必要なことは言うまでもありません。
[ 2018/01/18 18:01 ] 日常雑感 | TB(0) | CM(0)

謹賀新年

きょうから2018年がスタートする。

  『 門松や冥土の旅の一里塚めでたくもありめでたくもなし 』

一休和尚はなにをいいたかったのか。。。 “めでたくもありめでたくもなし” ってプラスマイナスゼロということで平常(びょうじょう)ということか...そういえば「平常心是道(びょうじょうしんこれみち)」という言葉があったなぁ、この言葉と一脈通じるものがあるのかなぁ。。。とぼんやり考えながら朝の散歩。周りを見渡しても走っている車はほとんどなくあたりは静謐に包まれたような雰囲気でさすがに元旦らしいと妙に感心。

 さて、ことしは戌年。どのような年になるのか?

IMG_5640_1_20180101161905eb7.jpg
アベノハルカスからの眺望
[ 2018/01/01 20:55 ] 日常雑感 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

KENZOU

Author:KENZOU
こんにちは,KENZOUです。日常の思いついたことやいろいろなことを写真と共に綴っていこうと思います。また、理系に興味のある方は「楽しい物理ノート」を公開していますので、そちらの方も覗いてみてください。

FC2カウンター
カレンダー
12 | 2018/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -