Infinity

日々の雑感をそのつど綴っていこうと思います。
月別アーカイブ  [ 2016年03月 ] 

力学の本がでます。

イメージでつたえわる! わかる力学が3月26日に刊行されます。価格は税別で1600円です。

ホームページに掲載している「社会人のための楽しい物理入門・力学」のレポートが元になっていますが,一般社会人の方々にも力学の面白さ・楽しさを分かってもらえるように,出版社との何回にもわたるやり取りを経て加筆・修正を繰り返し,やっと出版にまで漕ぎ着けることができました。

分かりやすいイラストが挿入されていたりして,「イメージでつたわる!」というフレーズがきちんと反映されていると思います。高校生の方をはじめ,大学初学年の学生が力学の基礎を見直したり,また,この方面に少しでも興味を持たれている一般社会人の方々がとっつきやすいような内容と構成にしているつもりですので,ぜひ一度お手にとってみていただければ嬉しいです。

力学

前書きより---------

「イメージ」でとらえる力学の世界

 高校時代の物理の授業でのワンシーンがいまも鮮やかに思い出されます。物理の先生は中年の女性で熱心に授業を進められる方でした。夏休み明けの最初の授業で、先生が田舎に帰省されたときのことについて、笑顔を浮かべながら話されました。「電車が駅に着いたのですが、少しボーッとしていたので降りるのを忘れていました。ハッ!と気がついたときはドアが閉まりかける寸前で手荷物をサッと抱え、動き始める電車からホームに飛び出したのですね。見事に私の体はホームに転げ、大変痛い思いをさせられました。このとき、はじめて慣性の法則の威力を体感しました!」。
 力学は力のつり合いや、力と物体の運動を明らかにしていく物理学ですが、その応用範囲は科学全般にわたっています。高層ビルなどの建築物や宇宙を飛行する人工衛星は力学の知識が基礎になっています。また、日常生活でも、てこの原理のような知識を特に意識せずに活用しています。

 このように力学は私たちの身近にあり、一見慣れ親しんでいるように思えます。しかし、具体的な問題を解こうとすると、体系的な知識とそれを使いこなす力が必要になってきます。単に試験問題を解くためだけであれば公式集を丸暗記することで何とかなりますが、力学を知るにはその原理・原則となる考え方を正しく理解しておく必要があります。
 力学の理解は、冒頭の思い出話にありますように「体感」できれば一段と深まると思います。そのようなことはなかなか実現が難しいのですが、本書では力学を紙面から「イメージ」しながら理解できるように図や例題を工夫しました。

 本書は、力学をもう一度勉強したいと考えられている一般社会人の方々、高校生や大学初学年の方々を対象としています。必要な数学は最小限にとどめ、力学の基本的な考え方の理解に重点をおいています。本書により力学を自分の知識の一部にしてもらうことができれば、望外の喜びです。
                                          
                                                     2016年3月 著 者
[ 2016/03/12 13:44 ] 日常雑感 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

KENZOU

Author:KENZOU
こんにちは,KENZOUです。日常の思いついたことやいろいろなことを写真と共に綴っていこうと思います。また、理系に興味のある方は「楽しい物理ノート」を公開していますので、そちらの方も覗いてみてください。

カレンダー
01 | 2016/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
きょうのお天気
検索フォーム
カテゴリ
FC2カウンター