Infinity

日々の雑感をそのつど綴っていこうと思います。

トンボとカマキリ

 昨日、そろそろゴーヤも終わりにしようかと、まだ幾つかの小さい実がなっている、グリーンカーテンとしてまた食材として十分その役割を果たしてくれたゴーヤのツルを朝から刈りとりにかかった。土の栄養を補給してやろうと取り出しておいた園芸用の肥料袋を見るとトンボが止まっている。このトンボも季節が過ぎたためか元気がなさそうだ。カメラを取り出して接写すべく近寄っても袋にしがみついて「あ~、わしゃチョッと疲れたわ。。。」とでも言うように後ろ足を折り曲げてじっとしている。
IMG_3293.jpg

翅を拡げる背の筋肉も弛緩させ、眼は中空を泳いでいるようだ。。。しばらく作業して再びトンボのほうを見やるといない! アッ飛んでいったんかと思って肥料袋の中を覗くと、果たしてトンボが袋の中に落ちていた。拾い上げやると翅をバタバタさせたが、無駄なエネルギーを使わすのもなんなので、早速木の枝にそっと置いてやった。
IMG_3294.jpg

デュランタ宝塚の枝が野放図に伸びており、散髪というか散枝するべく脚立をとろうとすると、そこにカマキリがいた。首を傾(かし)げて何やら思案を練っているような風情(ふぜい)。
IMG_3306.jpg

一応思案もついたのか、触覚をピンと上に伸ばし前方を睨みはじめた。後ろから見ると、カマキリの顔は大きな眼と強靭な口からだけなる逆三角形であることがよく分かる。それにしても後方から見るとあたかも燕尾服を着ているようでなかなかスタイリッシュな姿ではある。
IMG_3302.jpg

『どれ、行こか。。。』とばかり黄緑色の大きな目でこちらの様子を伺いながら、ゆっくり歩き始める。カマキリの目は夜になると黒くなり、夜目が効くらしい。この目のお陰で夜に活動する昆虫をハントするとのことだ。
IMG_3299.jpg

鎌で飛び掛られないように恐る恐る接写を試みる。このカマキリは触覚が長いのでオスかな?
IMG_3297.jpg
[ 2011/10/24 14:34 ] 日常雑感 | TB(0) | CM(0)

東洋医学の底深さ

 ここしばらくホームページに載せるレポート作りに力を入れていたのでブログの方は少しご無沙汰になってしまったが、そのことは兎も角、最近、広中隆志著「患者さんに伝えたい東洋医学のお話」という本を見ていて、東洋医学の底の深さに改めて感心した。
神農
 東洋医学といえばいわゆる漢方だが、漢方では人間の体は『肝』『心』『脾』『肺』『腎』五臓を中心に機能しているとされる。この五臓は西洋医学でいう肝臓や心臓などの臓器とは異なり、その概念もより広い機能をさし、例えば『心』は心拍動や循環の原動力としての働きのほかに、意識・思考・睡眠とも関わっているとされる。件(くだん)の本を見て東洋医学の深さに感心したのは、一例として書かれていたものだが、「腎は骨と耳を司る」、つまり「腎が強ければ骨も強く、耳もよく聞こえ、腎が衰えば骨はもろく、耳も聞こえなくなる」という教えがナント2000年前の東洋医学の書物に記載されているという点だ。

 西洋医学では、腎臓は尿を作る臓器とされるが、現代の研究では、カルシュームが腸に吸収されるために必須な活性型ビタミンD、このビタミンDの活性化に腎臓が深く関与していることが突きとめられており、腎臓は骨の代謝に大いに関係している。また、腎臓には毛細血管の塊のような「糸球体(血液をろ過して尿を作る)」と呼ばれる構造体があるが、これと殆ど同じ構造を持つ「血管条(内リンパという液体を産生、分泌する)」という器官が内耳にあり、構造物が同じことから、例えば結核の治療薬ストレプトマイシンを長期間使用すると難聴を引き起こすなど、腎毒性を持つ薬剤は必ず内耳毒性を持つとされる。腎臓は骨作りに関係するし、また耳の機能にも関与しているということになる。大昔の東洋医学は、現代の西洋医学が到達したこのような事実を既に知っていたということになる!

 ところで、漢方では実に多くの生薬が使われるが、これも紀元前2740年頃、人身牛首で身の丈八尺七寸(約2m64cm)と伝えられる神農(しんのう:右上写真)と呼ばれる人が、毎日百草を嘗めて毒か薬かを調べ、、1日のうちに70もの毒に当たりながらも避けるべきものと役に立つものとを人々に分かるようにしたとのこと。そのようないろいろな人の数々の努力の成果が生薬となって結実していったとのことである。

  温故知新が身に沁みてくる。。。

IMG_ハブランサス
ヒガンバナ科ハブランサス
[ 2011/10/19 21:09 ] 日常雑感 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

KENZOU

Author:KENZOU
こんにちは,KENZOUです。日常の思いついたことやいろいろなことを写真と共に綴っていこうと思います。また、理系に興味のある方は「楽しい物理ノート」を公開していますので、そちらの方も覗いてみてください。

FC2カウンター
カレンダー
09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -