Infinity

日々の雑感をそのつど綴っていこうと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ガジュマル

 遠い千葉の房総から「新居に幸せを運んでくれるように」とのメッセージとともに,父の日のプレゼントとしてガジュマルが届いた。木の精(キジムナー)が宿り,多くの幸せをもたらすと言われ,多幸樹とも呼ばれる。イチジクに似た小さな実がつくらしく,先々楽しみ。
IMG_100618カジュマル_1

気根と呼ぶのだろうか,根っこの形状がユーモラスで面白い。
IMG_100618カジュマル_2
スポンサーサイト
[ 2010/06/18 16:37 ] 日常雑感 | TB(0) | CM(0)

熊蜂

 朝,玄関に出ると一匹の熊蜂が大きな羽音をたてながら南天の蜜を求め,あちらこちらへと飛びまわっていた。その食欲の旺盛なこと,まさに“喰い散らかす”という雰囲気。その様子をしばらく呆然と眺めていた。熊蜂はその名からイメージされるような獰猛なハチではなく,極めて温厚なハチでひたすら花を求めて飛び回るとのことだ。
IMG_100617熊蜂_2

南天から紫陽花へ移動しホバリング。脚が黄色く太っているのは南天の花粉か。羽根が止まって見える。シャッター速度は1/1024秒なので,1秒間に羽根を1024回程度羽ばたかせていたのだろうか。
IMG_100617熊蜂_1

(P.S)
ムーミンパパさんから,熊蜂の羽ばたきは1024回の数分の1で同期していることも考えられるとのご指摘があった。そこで調べてみると150Hz程度の音が熊蜂の羽音とよく似ていることが分かった。熊蜂は1秒間に約150回程度羽を震わせていると推定される(6/19)。
[ 2010/06/17 19:11 ] 日常雑感 | TB(0) | CM(0)

青花ほうずき

 青花ほおずきの花が開いた。2日ほど前,綺麗な花が咲いている苗を選んで購入し,早速地植えに変えてやると,2~3時間後に花は一斉に萎んでしまった。これは,土壌が代わったことによるショックの影響だろうとしばらく様子を見ることにしたら,今日は爽やかな青色の花を咲かせていた。
 青いほおずきの実をつけるのかなと思って調べると,薄茶色のほおずきに似た実をつけるとのこと。ナス科の1年草ということで,たしかにどこかナスの花に似ている。ということは,ほおずきの実がナスの実に相当するということか?

「ハエや虫を寄せ付けません」という効果があるのは知らなかった。

左にほおずきの袋のようなものが見える。
IMG_100614青色ホオズキ

赤いほおずきの花言葉は「心の平安」「不思議」「自然美」。これに対して,青花ほうずきの花言葉は"偽り"。これは皮と種子だけで果実とは名ばかりと言うところから来ているそうな。なんと青花ほうずきに対して失礼な。。。
IMG_100614青色ホオズキ_1
[ 2010/06/14 18:09 ] 日常雑感 | TB(0) | CM(0)

我家の畑

 今日は真夏日の暑さ。生姜、ピーマン、晩春ネギに鶏頭、ホウズキの苗を植えた。サニーレタスの葉っぱがしおれている。地植えに変えたショックのためと思われる。すぐに勢いをとり戻すだろう。
IMG_100612畑

引越しの2,3日前にご近所から戴いたピペリカムの花が勢いよく咲いている。
IMG_100612ピペリカム

今年の梅雨はどうなるのだろうか。「水の容器」(Hydrangea) という学名通り、アジサイが入梅を待っているようだ。
IMG_100612アジサイ
[ 2010/06/12 18:37 ] 日常雑感 | TB(0) | CM(0)

引越しから5日目

●我家の畑
引越しして5日が過ぎようとしている。荷物の開梱、整理等々、汗水の日々だが何とか見通しがたってきた。Gardenや畑も造作し、畑にトマト、ナス、オクラにサニーレタスの苗を植えた。キューリやゴーヤの苗は完売とのことだった。栄養分たっぷりの土だからすくすくと大きく育つだろうと楽しみだ。
IMG_100611My畑

●タチアオイ(立葵)
近場にタチアオイの花が咲いていた。名のとおり茎はすっと真っ直ぐ立っている。水戸黄門の印籠で有名な徳川の紋章の葵はフタバアオイでタチアオイとは別のものとのこと。
ツユアオイという別名をもつが、梅雨入りの頃、下段から咲きはじめて最上段の花が咲き終わる頃には梅雨が明けるといところからきているそうだ。しばらく観察を続けよう。
IMG_タチアオイ_1

中国では、アオイのなかでも最も美しい花とされ、「美女の立ち姿に似る」といわれているそうだ。背筋がすっと伸びた立ち姿と美女を重ねるのはなかなか憎い。
IMG_タチアオイ_2

ハイビスカスとよく似ているなぁと思い、調べてみると同じ仲間とのことだった。ちなみに花言葉は「大きな志」「熱烈な恋」
IMG_タチアオイ_3
[ 2010/06/11 19:04 ] 日常雑感 | TB(0) | CM(0)

サクランボ

 明日は引越し,いよいよこの地ともおさらばかと,片付けが一段落した午前のある時刻,カメラをぶら下げふらりと散歩にでかけた。春には満開の花を咲かせた桜の木に可憐なサクランボがなっている! そういえば昨年は気がつかなかったなぁ~と思いながらシャッターを切る。

 サクランボという名前は,桜の実という意味の「桜の坊」から来ているとのことだ。くりくり坊主頭の実がなかなか可愛いではないか。
IMG_100607さくらんぼ_2

赤い実が濃い紫の実になっていくのかな。。。
IMG_100607さくらんぼ_1

前日の夕焼けの風景。
IMG_100605夕景
[ 2010/06/06 14:16 ] 日常雑感 | TB(0) | CM(0)

電解洗浄液

電解洗浄液
 家の中を片付け始めると,特に台所まわりの汚れがいろいろと目に付く。昔から重曹は油汚れをよく落とすといわれるので,重曹を溶かした液で掃除するも,あとで白い粉がでる。ハテ。。。と思案の時に,「電解洗浄液」の実演付き訪問販売が来た。曰く,
・油汚れの食器が綺麗になる
・浴湯に使えばお肌つるつる,また,殺菌作用があるので風呂場にカビがでない
・マイナスイオンの力で洗浄力が強力。排水口や配管が自然に綺麗になる。。。等々,
巧みなセールストークで,エコな魔法の洗浄液か!?と思わされる。
 
 電解洗浄液入りのペットボトルを1本サービス。中身は重曹水を電気分解したもの。この魔法の洗浄液を簡単にローコストで作れるのが電解水生成器で価格は35万円とのこと。エッ!ということで,しずかにお引取りいただいた。

 ネットで調べると,電解水にある程度の洗浄力があるのは確かだが,重曹を温水に溶かした上澄み液でも効能は同じ。さらに洗浄効果UP を狙うなら,セスキ炭酸ソーダ(1Kg:500円程度)を1リットルの水に5グラム程度溶かしたものを使えばよいことが分かった。
 上の白い粉は重曹を溶かしすぎたせいらしい。
[ 2010/06/03 14:59 ] 日常雑感 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

KENZOU

Author:KENZOU
こんにちは,KENZOUです。日常の思いついたことやいろいろなことを写真と共に綴っていこうと思います。また、理系に興味のある方は「楽しい物理ノート」を公開していますので、そちらの方も覗いてみてください。

FC2カウンター
カレンダー
05 | 2010/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。