Infinity

日々の雑感をそのつど綴っていこうと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

引越し間近


 今日は新居リフォームの確認日。家具屋に頼んでいた組み立て式書棚が届く日でもあった。組み立てるのに苦労したが,朝から昼食を挟んで2時頃に何とか完了した。

 昼から某不動産会社社長とリフォームの仕上がり確認を行う。いろいろ細かな不具合を指摘したが,こころよく受け入れていただき,再調整してもらうことになった。

 いよいよ引越しが1Week後に迫ってきた。その準備に日々追われているが,ここから眺める景色もいよいよ見納めかということで,夕刻,カメラをぶら下げ散歩にでた。

厚い雲のすき間から夕日が田んぼを照らしていた。畑に水が引き込まれ始め,田植えの準備が始まったようだ。
IMG_0480.jpg

田に漲った(みなぎった)水は夕日のエネルギーを吸収しているのだろうか。。。
IMG_0481.jpg

田植えの過酷で単調な作業も今は田植え機のおかげで,作業も格段に能率が上がっている。
IMG_0486.jpg
スポンサーサイト
[ 2010/05/31 21:08 ] 日常雑感 | TB(0) | CM(0)

サニーレタスの花

 いよいよ我が家のサニーレタスに花が咲いた。レタスの花は初めて見るが,直径7~8mm程度の小さい花だ。いつも食するレタスの葉っぱからは想像もつかないが,れっきとしたキク科の植物で,たしかに 花は菊に似ている




 昨朝,家人が「レタスの花が咲いてるわ~」というので早速見ると,可愛い綺麗な花を一つ二つとつけていた。あとでカメラに収めようと用事を済ませ,さてと,10時頃見るとすでに花は閉じていた。どうもレタスの花は早朝に開くようだ。そこで明朝のカメラチャンスを狙うことにした。 とりあえず閉じた花を1枚パチリ。
IMG_100522レタスの花_1



 今朝の8時頃レタスの花が全開。Oh~!ということで早速カメラを構え,接写に激写。それから約1時間後の9時頃には花は殆ど閉じていた!
IMG_100522_4.jpg



 開花予備軍の蕾たち。
IMG_100522レタスの花(蕾)

ちなみに,サニーレタスの花言葉は「陽気な心」「明るい未来」とのことだ。
[ 2010/05/22 10:38 ] 日常雑感 | TB(0) | CM(0)

珪藻土壁塗り(DIY)

IMG_珪藻土_1
 終の棲家となる新居のリフォームが進行中だが,珪藻土の壁は健康に良いとの家人のかつてからの提案により,本日,不動産会社・ユニティー(株)の店長日越さんの指導と助力を受け8畳部屋の壁の珪藻土塗りを家人と共にやった。

 業者に頼めばざっと15万円程度掛かるところをDIY(Do It Yourself)では材料費の3万円程度で済む。
IMG_珪藻土_2
 珪藻土を均一・滑らかに塗るのに最初は少し戸惑ったが,土の盛り具合やコテのあて具合などやっているうちにすぐ慣れてきて,意外と簡単に壁塗りができる。

 午前10時半頃からスタートし,昼食休憩を挟んで夕刻の4時頃作業が完了。塗り具合はまずまずといったところか。これに勢いを得て,別の部屋の珪藻土塗りも他日敢行することとなった。。。
[ 2010/05/18 19:10 ] 日常雑感 | TB(0) | CM(0)

益田正洋ギターリサイタル

益田正洋ギターリサイタル
 昨夜,京都府民ホール・アルティで開かれた「益田正洋・ギターリサイタル」を聴きにいってきた。老若男女約60人程度かな,小生は最前列の真正面の席に座った。

リサイタルのテーマは,新「ソナタのゆうべ」で,ソナタとはイタリア語で“鳴り響く”を意味する sonare に由来する言葉らしい。演奏曲目は

  F.ソル:ソナタOp15-2
  J.S.バッハ:無伴奏ヴァイオリンソナタ第1番BWV1001
  L.バークレー:ソナチネ、
  J.トゥリーナ:ソナタ
  F.M=トロバ:幻想的ソナタ

アンコールの3曲を入れて約2時間。本格的なクラシックで,聴きなれない曲目ばかり。途中眠気を誘う。もっとポピュラーな曲目も入れていただくと有り難いなぁと思うのだが。。。

益田正洋氏の公式HPには
『演奏会前はいつもこんな感じです。 なんとなく心落ち着かない、だから弾く、不安な点が出てくる、また弾くそんなことの繰り返しです。』
と書かれている。プロの演奏家にして之だから,爪の垢でも煎じて飲まなければ。

教室の課題曲「月光」のセーハに挑んでいるが,難攻不落。左手人指し指の第2関節・親指側が少し腫れ,発熱気味。この峠を越えなければとまた余計な力が入る。。。
[ 2010/05/14 10:40 ] 日常雑感 | TB(0) | CM(0)

ツマグロヒョウモンの誕生

IMG_100513のサナギ
 朝,散歩の出かけにふと例のサナギの様子を見ると,殻が割れて中からオレンジ色の翅(ハネ)の一部が見えた。Oh!いよいよ蝶の誕生か,しかし,しばらくは大丈夫だろうとそのまま散歩にでかけた。

 昨夕見たときには,サナギの色もかなり黒ずんで,形も少し膨らみ,銀の角も綺麗なブルーの角に変わっていた。いよいよかなと思っていたが。。。
 
 気になるので15分程度で戻ってきてみるとサナギはもぬけの殻,下を見ると生まれたての蝶が脚をバタバタさせながら,たたきの上に横たわっている。翅の文様からして雄(オス)と思われる。生まれたては翅も濡れており,シワも残っているので飛べない。

 早速,指にしがみつかせ,花のほうへ移動させた。

・生まれたてのツマグロヒョウモン。体の自重をまだ脚で支えられないのだろう。
IMG_100513生まれたて

幸い,今日は日照りもよく,日の光を浴びて,動かずじっと静養。
IMG_100513ツマグロ_1

すこし飽きてきたのか,ごそごそと動き出し,移動を始めた。
IMG_100513ツマグロ_2

日の光を真正面に浴びて「オオォ・・・日の光は眩しい!!」といった感じ。。。?
IMG_100513ツマグロ_3

さて,体も温まったし,翅もひろがったので,そろそろ飛び立とうかな...と飛翔の時を迎える。
IMG_100513ツマグロ_4
[ 2010/05/13 11:59 ] 日常雑感 | TB(0) | CM(0)

モンシロ蝶

 田んぼのあぜ道を歩いているとモンシロチョウがひらひらと飛んでいて,タンポポの綿毛に止まった。近付いても一向に飛び去る気配がないので,これはチャンスとカメラを近づけて接写・連写した。
 チョウは変温動物のため,体温は周囲の気温により変わる。体温が約35℃程度まで温まると筋肉がよく動くようになり,ひらひらとあたりを飛びまわる。朝早く気温も涼しい間は草の葉にじっとに止まって日向ぼっこし,体を温めているとのことだ(←日高敏隆著「セミたちと温暖化」より)。
 このモンシロチョウは飛び疲れて綿毛の上での一服を決め込んだのだろうか。。。

IMG_100508モンシロ蝶
[ 2010/05/08 21:39 ] 日常雑感 | TB(0) | CM(0)

母の日

 5月9日は「母の日」。 いまから約100年余り前の1907年、アメリカ・ウェストバージニア州に住むアンナ・ジャービスと言う女性が母の命日に開いた追悼式で,苦労して育ててくれた母への報恩に彼女の好きだった白いカーネーションを捧げ,また,参加者に母を偲んで一輪ずつ手渡したのが「母の日」の始まりと言われている。

 一方,「父の日」は1909年にアメリカ・ワシントン州のJ.B.ドット夫人が,男手1つで自分を育ててくれた自分の父に感謝する日もあるべきだと考え,「母の日」があるなら「父の日」もと牧師協会へ嘆願して始まったそうだ。墓前に白いバラを供えたことから,父の日の花はバラとされている。花屋の定番は黄色いバラとのこと。
 「父は永遠に孤独である」と萩原朔太郎は言ったが,萩原葉子の『蕁麻(いらくさ)の家』を読むと,その孤独は自業自得という面もある。

 遠い千葉から我が家に「母の日」のカーネーションが届いた。

・赤 :
 母の愛情。純粋な愛情。
・薄いピンク : 試練に耐えた誠実。
・ピンク : 感動。熱愛。

IMG_100507カーネーション_1
[ 2010/05/07 18:43 ] 日常雑感 | TB(0) | CM(0)

サナギと薔薇

 朝,玄関にでてふと壁際を見るとサナギがその身を壁に固定していた。枯葉のような擬態をしているが,銀色に輝く角のようなものを沢山つけている。これは一体なんのサナギだということで調べてみたが結局分からずじまい。しばらく様子を見ていこう。
IMG_100506サナギ_1

IMG_100506サナギ_2

 今年もバラが咲き始めた。いい香りを放っている。「君のすべてが可憐」というのが黄色の薔薇の花言葉だそうな。
IMG_100506バラ_1

IMG_100506バラ_2



ツマグロヒョウモン(P.S) 謎のサナギの正体が判明
ムーミンパパさんから早速情報が寄せられた。このサナギは「ツマグロヒョウモンのサナギ」と判明(←Thank's ムーミンパパさん)。銀色の角は何層にも重なったガラス質の薄膜からできており,光が反射することで銀色に見える。じっとして動かないサナギはこの耀きで鳥を驚かせ自らの身を守っているとのことだ。自然の知恵には只々頭が下がる。
[ 2010/05/06 22:15 ] 日常雑感 | TB(0) | CM(0)

月光


 ギター発表会が終わると早速次の課題が待っている。
「次は何の曲をしましょう。希望があればいってください」と先生。
「そうですね,ラグリマか月光をやりたいと思いますが。」
「いい曲ですねぇ。いずれもみんな一度はやる曲です。曲想を込めて弾いていく必要がありますね。」
というやり取りを経てタルレガのラグリマに取り組んだ。しかし,これがなかなか手ごわい。そこでまずはソルの「月光」に取り組むことにした。初心者の大きな壁であるセーハが沢山でてくる。これを何とかモノにしていかなければと左手人指し指に弦痕をくっきり残しながらも奮戦中。無駄な力が入りすぎているとは分かっていても力を抜くと弦がビビる。。。
 
      Where there's a will, there's a way.

という格言が頭を駆けめぐるが。。。
[ 2010/05/05 18:43 ] 日常雑感 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

KENZOU

Author:KENZOU
こんにちは,KENZOUです。日常の思いついたことやいろいろなことを写真と共に綴っていこうと思います。また、理系に興味のある方は「楽しい物理ノート」を公開していますので、そちらの方も覗いてみてください。

FC2カウンター
カレンダー
04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。